一昨日裁断、昨日から取り掛かったつまみ細工、
今回はバラでした。
既製品なのでヒントを学びながらテキスト通りに組立ます。
置く位置を考えないでいい分、面倒なのは「テキスト通りの配置。」という部分。
出来てしまえば後悔もありませんが。
(センスを無視出来ます。)


図面を見るだけで 「面倒だな。」 と思っていたら、
次がピンポンマム(手毬菊)だったのでそちらから取り掛かった程。
梅や菊の方が楽だと思いますし、
矢車菊なんかの方がまだまだいいです・・・私には。
くす玉の梅や桜の方が先にあればしていたと思います。





台座無しのバラ(花弁がある) と、台座ありのバラ。
慣れないと開花しかけたつぼみという感じ・・・
全部がつぼみだととっても寂しい出来栄えだなと思いますが、
私にはちょっと難易度が高かったです。





台座を1つ残すまで作り、
昨夜最後のバラを作りました。

3つ目だからと開いてもいいんだよね~と、
何だか良く分からない余裕がでた頃に十分咲きが出来ました。
バラの満開って好きじゃない・・・。
今度は抑え気味に修正して、真ん中にビーズを乗せて完成。
3つ共に同じ出来にはならなかったけど
家のバラだって4つ同時に満開は迎えないもんね。
いいの、いいの。





案の定、固定に苦労しました。
前回の菊以上。
「菊なんてヘナチョコさ!」 とやさぐれる感じで苦労。

ピンを固定する時は
「えっと・・・かた結びか・・・。」 と爆発寸前で自己流になるけど
それでも今回は4本一気に固定とあって苦労は数倍。
後処理のやり方を覚えたり、
藤下がりにも紐によって表情が変わる事なんかも知り、
日本の文化ってば~ という域に達した頃に完成。

水引の様に見えるけれど、実は茎だったり。
テープは市販品もあるけれど切りました。
その為のロータリーカッター。
(幅0.7 なんてハサミじゃ無理だから!!)


次号が到着するまでは何らか制作をしてみよ~。
保存の為にケースを買わないといけないけれど、
ケースに入れたまま和室に飾ってもとっても可愛い!!
スポンサーサイト
2016.10.20 / Top↑
Secret