七五三は女子の方が羽を付けてお金が飛び立っていきます。
(サヨウナラ、マネー。)
孫にエンヤコラは一切なしなので、
正直「見てきたよ!」 「これはオカシイ」
「アレがいい」 は一切受け付けません。

レンタルにすると雨天決行になるし、
写真館レンタルにすると絶対写真になるし、雨天決行。
体調や天気、もしも傷を拵えたらと思うとレンタルはしない方が・・・と
ついつい思ってしまうんだよね。
この日しか着ない着物を数万円で揃える罪悪感も否めない。

せめてもの贈り物。





髪飾りなどの飾りは手作りです。
前回は梅と桜にしたのだけれど、
取り付け方が当時ネットでは調べきれなかったのもあって
当日になると切れてしまったり。

今回は学ぶべき部分をしっかり押さえる為にも、
レクチャー付きのキットを買いました。
「ほほう。」 という内容。

前回がグダグダかというとそうでもないのだけれど、
市販品の作りの雑さには正直ビックリでした。
作った方がいいし、作家さんから買うのもありだと思います。







和の雑貨はやはり可憐で素晴らしい。
見て居るだけでホッコリする~。


次はバラに挑戦♪
丸つまみと剣つまみという大きく分けると2種で、
たった2種類が少し手を加えたり、
花弁や配置を変えると色んな花に変化するのは凄い事だなと思います。
昔の人は凄いな~。
スポンサーサイト
2016.10.16 / Top↑
Secret