上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
小学校3年目。
もう3年。

うちの息子はぼーーーっとしてて、
何かキレがないというか、頼りなくって、
たまに 「おおー!」 と思う事があるけれど、
何かこう家では完全にOFFモードでね・・・
やっぱり頼りない。
いつも門は開けっ放し。

という話を美容室で何故かする事になって、
「うちの子もなんですよ~。」 となったのでビックリ。
(美容師さんは十数年来のお付き合い。)
どこの長子も同じなのか、と落ち着きました。
年は全然違うんだけど、
「大きくなったら改善されるかと思ったら・・・全然。」 だそうで、
そうか。 あのままか、とちょっと高を括りました。


そんな個人懇談ですが、先生に貶される事もなく
「一度も係活動を忘れて注意した事がないんですよ。」 との事。
まー、授業中は若干せわしないけど、
せわしない時はおトイレ我慢中な事が多いです。
家じゃ ぼーーーーっとして完全のび太君。
ただ成績だけは逆のび太で、国語以外パーフェクトでした。
国語は言語・漢字がダメダメなので、
夏休みに更生すれば大丈夫だろうと思いました。
(3年生からは自分で丸つけが出来る様です。
 正し、親の時間がない場合のみです。)

お手伝いはさせてませんと言ったものの、
よく考えてみれば1歳の歩けるようになった時から、
自分の飲み食いした食器や入れ物などは片付ける事はさせてます。
外では褒められますが、当たり前じゃないの・・・かな?
作って貰って、買って貰って、人に片付けさせるって最低だと思うから。
頭の中に無かったけど、お手伝いになるんだろうね。
夏休みの宿題のお手伝いは何にしようか、
何処でも(私の実家)でも出来る事を2つ決めなければならない。

「宿題の漢字をあーーーだの、うーーーだの呻きながらやってます。」 は、
形が難しいので枡を大きくしたり、量を減らします、との事でした。
2年生の担任の先生は逆だったので、
お任せしておいて問題の無い先生だと感じます。
別の組に2年の先生が持ち上がりだったので、
2,3,4年と同じ先生なのかと思うと、
違うクラスになって良かったと思います。
宿題が嫌いになったのは2年の頃。
私もビックリする様な量でしたので今も継続している感じです。
今は量も3分の2位だけど、宿題好きの先生のクラスは3年の今はどうなんだろうね。

個人懇談は思ったより生活・学習の両面が分かりました。
映画の字幕を平気で読むのに、漢字が書けないんです・・・というのは
中にはそんな子も結構居る様です。
読めても書けない。
いい例が漢字検定。
漢字検定は読みよりも書きが簡単。
そういう事なのでしょう。
家でペースに合わせて教えれば大丈夫なので教えればいい話。


次は幼稚園個人懇談会。
娘のマイナス面はあまりないので懇談時間自体、
いっぱいいっぱい使う事もありませんし、
エアコンもあるので幼稚園は快適~。
グループが派閥化したオカアサン軍団とも会わないので良かったです。
取り敢えず、オウチ屋さんが来るので片付けよう・・・。
スポンサーサイト
2016.07.15 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。