--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
06.07

エルザボエルが咲く。

Category:  *植物たち
3年程可愛がったバラが枯れました。
恐らくお隣がギリギリ(境~20cm程)に植えた大木が原因です。
伐採する時に枝を何度も折られて元気が無くなったり。
こういう時って何て言うんだっけ・・・

ゴメンナサイ

なんだよね。 バカでも分かる。(言葉が悪いね。)
素直に言ってるんだからヨシとして。
ホットココア(バラの名前)が手に入らないのは現実です。
風通しも悪くて(木が邪魔)、日照権に関わるし、
うちの雨どいは詰まらすし(軒天まで来たね。)、
こういう時ってさ人間だから失敗はあるし、
潔く伐採するという方法もあると思うんだけどね。
ここまで立派にバカだと笑えてくる。 HAHAHAHAHA
(また言葉を選んでないね。)

偶然会えば逃げるという手段に出るし、
偶然逃げられない状況だと隠れようとしてるのが分かるし、
そういう時はきちんと御挨拶!(私からね。)

文句が怖いなら刈れ!!!

ええ、ヘアスタイルと同じようになさると宜しいかと。 トゥルン
(言葉が変われど 口が悪いね。)


我が家にやってきたのはエルザボエル。
エリザボエル?
ツル系
芳香 強
花の色はピンクの写真だけど、実際は白~薄ピンク。





バラは日当たりが程よく、風通しも良い場所が好きだというお嬢様気質。
だから天候が悪い時に咲いた花はイマイチだったりもするそうだけど、
実際イマイチだね。
曲がってる。(私の性格級か?)

勿論、日照権を侵害されている為残念だけど病気持ち子。
(有名なうどんこ病。)
食害された為かジューンベリーは花すら付けず、
私に昨年季節外れの剪定をされたミモザはご機嫌斜めだし。
(枯れたらユーカリが待ってる。)



(花1号は白が咲いた!)


「バラの香り」 という商品が大嫌いで、
「ラベンダーの香り」 という商品も大嫌いだったけれど、
ここ数年どちらもこよなく好きになってしまいました。

大体バラの香りってバラの香りがどんなものなのか知らないし。
今回知ったのだけど、リュクスのバラだね。
あの柔軟剤が好きで好きで堪らなかったのに廃盤ですって。
(もう昨年の事。)
続きましてであった高級ファーファも廃盤になり、
衣装ケースを開けては癒されてます。

ラベンダーのお花はドライフラワーにする為に和室へ。
これが案外良くって、
和室の空気が綺麗になっている感じがします。
殺菌作用なのかな~。
ラベンダーはある意味とっても大変な植物です。
ミントの様な浸食性はないものの、
ある程度の剪定を怠るとただのデカイだけの雑草と化します。
アリ以外が寄り付かないのが助かるけれど。
取り敢えず秋の強剪定でゴミ袋1~2枚分の葉が出てきます。
今年は再利用したいな・・・。
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。