彼程迄にスイミングで
「お兄ちゃん、次は合格ですね❤︎」の太鼓判だった息子…
進級出来ず終いでした。

ふざけていたのが目についたけど、
それ以上にコーチの裁量次第なのかと腹が立ちました。
試験のやり方が全然違う!


前のクラスの先生は
「どうだったか」を報告してくれましたが、
今回の進級先は最初からイマイチだなと感じたオバチャン先生。
コツやフォームを丁寧に教えてる感じがせず、
報告は一切なく、初めて見た方。
実際、コーチとして以前からいらっしゃいます。見た事が無い方でした。
選り好みは良く無いけれど、
どうしても好きにはなれない方でした。

不安的中…といった感じです。
距離は先生が居る場所までではなく、
25メートルを泳ぎきるわけでも無いのに
「曖昧な事を言っただろうな。」
そう思った通りでした。
それで合格する訳がありません。
何人か勘違いしていたので、
そのお友達も落ちたと思います。

無駄に習わせた月謝ですね。
コーチに不信感を持てば積極的に変えるべき!
時間がどうだ、よりも無駄な時間に無駄な月謝の方が無駄。
要領が悪くてトロいのも目に余りますし。
来月にコーチの移動がなければ時間を変えようと思います。
鈍臭いオバチャン先生は午前の高齢者の部にでもつけて欲しいです。
その方たちの方がシッカリしてるかも。
近所のおばあちゃんが通ってらっしゃるけど、
どう見ても元気なんだもん。
スポンサーサイト
2016.05.26 / Top↑
Secret