2016
05.13

野菜成長記。

Category:  *植物たち
年末の事、洗濯機が壊れて水漏れ。
(たったの4年で!!)
メーカーさん(別のね。)曰く、「寿命です。」 だとの事。
私の洗濯機の使い方に引いてらした様ですが・・・
オ・・・オネショがね・・・。汗
水漏れ(駄々漏れ。)により浸食された洗面台下が残念な事になりました。
色々考えてオープンスペースがカッコイイかなと思いました。
封じ込める事の不潔さを感じた1週間でした。
オープンの洗面化粧台は案外高価で驚きますが、
水漏れしない限り耐久性があると思いますので思いきって!!
水回りの防水はケチンボをすると倍返しの目に遭います。
家は引っ越せば引っ越して、
考えて生活すればする程分かる事が多いなと思います。
と、モロモロで夫と喧嘩しました。
メーカーさん、大工さん、施工業者モロモロと繋がる機会も多かったもので、
「仕事しとったんじゃ~!!」 ってね。
住宅メーカーさんの下請け業者、裏事情モロモロ。
調べて納得した様です。
(だから言ったやん、って腹立った。)


今年は野菜を育てると何故か意気込み、
超否定派だった農薬が肯定派になりました。
寝返った裏にはジューンベリーという存在があります。
いつかモロモロを語ろうと思います。
覚えていたらの限定で、ですが。



   / 水菜~ \


種をまいた水菜。
「お子様ランチ」 というミックスリーフの種類です。
辛くなくて食べやすいよ~という種類のミックスリーフの水菜が
花を咲かせる程立派になった年に種をとったもの。
水菜って水だけでそだつという安上がりな存在。
水菜オンリーなので水菜がモシャモシャと生息中♡
水菜っぽい葉っぱも生えてきました。
大きくならない程度で収穫します。




   / 紫獅子唐 \


葉っぱを食べた犯人は誰なんでしょ? 位分かりません。
他に美味しい葉っぱがあったので被害は少なめの獅子唐です。
花も咲いたので実が出来るのが楽しみだけど、
イマイチ小さい気がしてなりません。




   / ピーマン と パプリカ \


初の葉ダニがつきました。
ベニカの緑Verを買ってきて吹いたらそれ以上は増えないけど~になりました。
落とさないでおいた2匹が生息していたので捕殺。
パプリカの方オンリーなのが不思議、
トマトには今回つかなかったテントウムシに葉っぱをやられました。
テントウムシは厄介なので捕殺です。
勿論、カメムシも同様。




   / ネギ~ \



既に収穫したという便利なネギ様。
種から育てたいなと思ってますが、
種を仕入れていないあたり私の人格を疑ってしまうね。




   / 水茄子 様。 \



私が育てる事を大の苦手とするなすの仲間。
言わずと知れた水茄子ですが、葉っぱが酷い事になりました。
色んな虫が寄ってたかって楽し気に、
そりゃ~もう食べる食べる食べ散らかす!! 怒

つ・・・次。
あ。その前に、花が咲きました。
ここまではいいのですが、実が付かないのが私クオリティー。




   / 薩摩白茄子 閣下。 \


邪悪感薄れる茄子のはっぱの色素が薄い葉っぱ。
チクリと痛い茄子なのに、
こげ茶色した毛虫がモシャモシャと食べてくれていました。
草むら(土地を売らないなら手入れシロ。)とお隣からの来訪者。
毛虫のウンチョのデカさには驚きますが、
葉っぱを食べたオマケにウンチョなんて言語道断、問答無用。
「毒は無い」 なんていうのは大嘘です。
私のカイカイが酷くなるから。 (毛虫だと病院のお墨付き。)
イラガ・チャドクガはもっと酷いです。
虫専用のひばさみが今年は登場しました♡
やっときれいな葉っぱのでた白茄子は花が咲きました。




   / サントリーの双子の茄子 \


どんだけ茄子を植えているのか・・・と私もビックリする程なのだけど、
この茄子の味は同じだろうと思うので同時購入。
そんな私はあまり茄子が好きではないです。
娘は天婦羅にするのが好きで、
夫は茄子自体何しても好きなので弁当に入れる為用。

何気にお高いサントリーやデルモンテの苗ですが、
結構病害虫に強いです。
お安く買い求めた苗の方が枯れる確率も高い気がします。
お花も同様でサントリーは変わった品種もあっていいです。




   / 白キュウリ ちゃん。 \


イタリア~ンの苗シリーズ。
キュウリも白ければ青臭い味が少ないそうです。
息子も頑張って野菜を食べている様なので白いキュウリが応援してくれる筈。
息子に猛反対されて買ったキュウリ。
娘は大好物ですが、最近のブームはお芋+コロモ=芋の天婦羅。




   / ??!!!! 水菜のつもりじゃなかったよ。 \


お子様ランチミックスを植えたら、発芽したのが全部水菜。
古い種は芽が出ない確率が増えるけれど、
ここまで水菜ばかりだと水菜の生命力の強さを感じてしまったよ。

という水菜。(を育てたつもりはさらさら無い。)
冒頭の水菜の伯父さん伯母さん的な存在の種ですが、
どうしてだか甥っ子や姪っ子よりも食害に遭いました。
ベビーリーフは栄養価も高くて収穫後、何度も植えられるので便利です。
収穫までも他の野菜に比べて早いのも特徴。


室内にもグリーンが増えました。
和名は極楽鳥花。
日照不足気味だと葉だけになる様です。
和室にちょうどいい植物で買いました。
コウモリランは多かったけれど、ストレリチアは販売数も多くありませんでした。
あっても4,000~10,000円。
最終的には500円の小さめの物を買いました。
大きくなる楽しみのある大きさという表向きの表現の裏は、
枯れてもダメージが少ないというお値段です。

やっぱり植物が無いのは無機質で、
何だかちょっと落ち着かない・締まらない感じがします。
葉っぱが落ちる、手入れが面倒、虫が来る という
戸建て住まいの義弟夫婦の家はやっぱり 「いい家だね。」 とは言えません。
どうせならマンション暮らしの方がいいご家庭かなとも思ってしまいます。
近所の住宅地は 「木を○本以上」 と決まっている場所もある位。
切り開いて出来た土地を無機質にしてはならないとも思ってしまいます。
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top