--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
02.14

クッキー。~私の苦手分野~

調理実習でも、友チョコ交換でも、
いつの時代もお菓子作りの代表格のクッキー。
なのに、私はどうしても苦手な分野です。

確かに6年前まではお菓子もパンも駄目な人でした。
しっかり計って準備万端・・・の筈が残念な子をうむ結果に。
パンがスコーンになってみたり、
クッキーが超ダイエット食になっていたり。(砂糖抜き。)


どうしても極めたいんだけど、私には向いてないと思うのは
手にくっつくのがどうしても気持ちが悪くてダメだから!
だからチョコレートを扱うのも苦手です。
だけど今日は苦手の二本立てでした。

ガトーショコラを焼き、クッキーを作りました。



子供でも出来る洗い物の殆どないクッキー(参考/ Z会)


年中になると食育の始まるZ会。
小1からは料理や実験、工作が加わります。
(理科・社会の元になる課題。)
取り敢えず、12月号を私が試作してみました。
ちょっとだけココアを加えて。(レシピの改ざん。)

基本的にお菓子は、粉・砂糖・油のベースに水分で構築されてます。
分量や、油と砂糖の種類は違えどベース部分は変わらず。
6年前の私には実験感覚が無かったのが敗因でしょう。
焼成は160~190℃ が多い気がします。
焼き色がどうだ、水分がどうだという問題でここは違う部分。
1つの工程が全て意味があって、
1g前後するよりも混ぜ方(方向と順番)を間違えた方が致命傷。
水分が飛び過ぎると、
「ギューニュー プリィィィィズ!!」 になる事も必至の、
口内水分を全部取られる事態にまで発展するのです。(地獄絵図)

オーブンから出した後だって気が抜けないのは、
残った水分をどう調節するか・・・。
だから手づくりで警戒レベルの高い人のケーキは食べれません。
(うちの子、気が利かないから食べないんだけど。)


この色のイマイチ中途半端なクッキーよ。
「アールグレイです♡ テヘッ」 といえばオシャレさんだけど、
これココアなんで 「は?」 です。
ええ。
今回使用のお粉がマズイから余計に宜しくないのだけど。
お粉は程よくを使わないとクッキーの主成分は小麦粉なので大事。

お試しで作ったので、美味しく出来たらレシピでも残します。
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。