--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
06.24

野田琺瑯と棚作り。

Category: ●My Home
米櫃を捨て、早半年・・・。

米を袋からダイレクトにボウルに入れるのは何ともかっこ悪い。
かといって、プラスチックでホームセンターで手に入るものもかっこ悪い。
何よりも、衛生上如何なものかとも思う。


やっぱりガラスジャーはカッコイイし、虫も入りにくいだろう。
ただ、子供が引っかかって落とすと大参事になるだろうし、
それを床に置いておくのも私も毎回腰を屈めるのもどうかと思う。
衛生上何だか気持ち悪いし、ダニもワンサカやってきそうだし。

トタンがいいというけれど、トタン容器は売ってない。
売っていてもガーデニング用の何かだったり、
米を入れて使うものでもないな・・・と思って半年程(だと思う)、
ついに閃いたのが琺瑯!!

あの大好きな野田琺瑯なら大きなサイズもあっていいのでは?
クラッシュの椅子に乗せれば完璧やん・・・と思いついた訳ですが、
琺瑯がそんな安価な訳ではなく。
(私陶器もガラスも古木も錆も好きだけど、琺瑯も好き。
 現実、琺瑯時計を使ってる。)


財布と相談して、棚を買いました。







作業室でカットして売ってると思われる、
「うちの為に作られた」 と夫も絶賛の作業室シリーズ。
材料を買い集めて、作業室でカットして貰う位のお値段です。

それにオイルステインを塗って。







乾かすまでに、室内でこんなものを塗った事にとても後悔し、
後悔していたはずが12時になってた事に気付きました。

私がソファに座ると行き倒れの場所と化すのでそろそろかたい場所に座ろうと思います。
(昨日、一昨日は床ですら行き倒れていた・・・。)

乾いたら取り込み、組みたてるのだけれど説明書はありません。
なくても出来るのが工作室シリーズなんだけど、
なんせ工作室なので~1ミリずれがあるらしく物によってはがたがたします。
そのあたり加工が必要です。
横のサイズは5ミリ程差がある大雑把さなので、
ちょうど計って 「ジャストサイズ!」 と買うと残念な事になります。
あらかじめ色んな余裕の必要なシリーズですが、
加工してあるし楽ちんなのがポイント。







優秀なので4つ目の工作室。
色を塗ったのは私なりの拘りで、
うちのキッチンが白×ウォルナットなのと、
リビングからちょうど目立つ場所なので塗った感じです。

もともとは椅子を作って置こうと思ってたから。
家具って作れれば作った方が味があるし、
お財布に優しいのだけど、
ちょうどいいアイアンなんかがないのでメリハリをつけようと思いました。
私の工作シリーズで間に合う部分は間に合わせよう。







チーク、ケヤキとも悩んだので、いずれ工作室を作る時に塗ってみようと思います。
塗料も色々あるので色々我が家にもあるのだけれど、
(外の木部用のキシラ2色、サイディング、瓦、ペンキ、タッチペン諸々。)
この世界種類も色々あって、色々迷います。

取り敢えず、私は塗りたて1日目のオイルステインの臭いは嫌いです。


窓下の琺瑯と木の相性は良くってパーツを買い足して使い勝手を良くしようと思います。



DIYは私の仕事。
夫は買う為に働く人、ニヤニヤ見学だけしています。
そんなに好きでもない分野なので、私はストレスでここ数日胃が痛い。
次は大型の本棚かな。
その前に何か作って腕試しをしようと思います。
スポンサーサイト

コメント
作業がんばりましたね!
疲れるよね、集中して効率考えて働くと。
塗料はいろいろあるので、ホントにインテリアに合わせてという感じよね。
塗料も、微妙ないい感じのヨーロピアン色などは高価ですよね・・・意外とパステルが安くても(ニッペなど)仕上がり素敵だったりしませんか?

湯布院の喫茶店みたいな不思議なレトロ色が苦手なので、インテリアって難しいなと思います^_^;
Shibacodot 2015.06.25 15:15 | 編集
集中して作り上げるのは楽しいですけど、
その分疲れも・・・ですね~。
「子供が居ない間に!」というものもあったのだけど、
帰って来た息子に「えー!?したかったのに!」と言われました。汗

由布院は大正浪漫という感じですかね!?
私は嫌いじゃないですが(柿渋塗料も^^)古いフランスやイタリアのイメージが好きです。
(塗り壁は大好きです♡)
キッチンを私がダークにしてしまったので(冷蔵庫とレンジボードがこげ茶なんです)
今回はダークですが気が向いたらまた作ろうかな、と思っています。
あいdot 2015.06.26 09:05 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。