--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
11.06

カボチャパウンド。~久しぶり、超久しぶり編~

秋版、パウンドケーキ焼けました。





北海道から我が家に舞い込んだカボチャ。
それは それはいいお色で、
割ってみて何にするか決めるけれど、
即決しました。

「パウンドかー、モンブランかー、うーん・・・。」
(悩んでますけれども。)

3本立てのパウンドから物凄く避けてきたんだけど、
「バターが店頭から消えた。」 というニュースで、
その波が九州にもやってきたので物思いにふけてたらやる気になりました。

うちにはバターがある!!(ほぼ私専用品。)

と、ふんだんにマーガリンで焼いたら、
パウンドも怒り狂いましてね・・・

縦割れせずに、横割れ。

(何かおかしいと思った方、そこなんです。)





切り刻んでみれば出るわ、出るわ・・・巣の嵐。

素人は間違いなく気づかないと思う。
止まらないから、パクパクいっちゃう部分で全くもって。

ただ、止めないと 「胃薬ーーー。」ってなっちゃうからね。
止めてあげるのも肝心、
大量に詰め込まない様に薄切りで。 (食パンならば6枚切り。)

ケーキ類って一度作るといいと思います。
砂糖の量とか、
油の量とか、
タマゴの量とか結構物凄くって驚くので。

「じゃあ、控えめで!」 と控えすぎるのは危険で、
控えすぎた物を食べると 「うげぇ、粉。」 って思うのがオチです。
甘いものは甘くあるべきで、
私は一般的な量よりも20g以上は減らしません。
(パウンドやスポンジケーキなどの大き目サイズのもの。)
これが限界だと思うから。





「甘さを控えて作ったの。」 と頂いた場合は、
珈琲とか牛乳片手に頑張ります。

頑張らせて頂いてます。
自己製作なら砂糖でも振りかけます。
若しくはメルちゃんにお願いします。(ツテコ様はアレルギーなので。)
誰かにあげてしまったら 「ご免。」 と言います。
切腹クラスと思うので。
(粉モン食べてるんじゃないんだからという思いから。)


うちのパウンドに至っては最高です。
バターで作れば止まらなくなるので、マーガリンでいいんです。
庶民の強い味方、そして時短作業も可能だというマーガリンで十分です。
しっとり~な秘訣は生クリームと冷却時のひと手間です。
(COOKPADにアップ済み。)
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。