2014
10.24

偉大さ

Category: ●料理
九州生まれ、九州育ち、結婚しても九州で暮らしています。
コッテコテの九州人ともなると、醤油も味噌もアレで当たり前。

私、関東の醤油がダメでダメで。
(どの地域から味が変わるのか知らないけど。)
あの「辛っ!!」って感じのアレがダメでダメで。



小鉄 「僕ちゃん、来る者は拒まんと。」


味噌も結婚してから色々試したけど、絶対合わせで。
赤味噌なんて私には絶対無理なので、
何処へ行っても、
赤味噌を選択出来るお店で食事をしても、

「白で。」(合わせじゃないのか?)と言います。

白もダメなので合わせがいいんです。
白が合わせよりじゃなかったら断りたい程。
どうしようもない こだわりまであって。





「多分、大丈夫。安いの最高!」 と買った味噌が辛かった日。
未だに残る味噌は最低です。

最低。


お醤油だって30歳を過ぎて「九州醤油」なるものを知り、
鹿児島に行くたびに巡り合ったあの子を買い占めて帰宅します。
(九州でも味が違います。鹿児島は特別甘口。)

醤油は九州の何処でもない鹿児島が私に最適。
味にうるさくないけど、
何かに気付いた時からえらい賑やかしい夫にもヒット商品だった、
母ゆずりは不動です。
代替品なら、飛太郎の醤油。


九州って偉大。
あの塩っ辛い醤油って嫌い。
丸っこい九州の醤油って最高に煮物が美味しいです。
(少量でいいというエコと減塩という優しさを持っている!)
ただ、鹿児島醤油がいいんです。
絶対に。
宮崎じゃなくて鹿児島ね。
大分じゃなくて、福岡でもなくて、熊本でもなく佐賀でも長崎でもない鹿児島!!



最近、友達トラブルが減りつつあるのでうれしい限りですが、
防犯ブザーをつけてて友達(蹴飛ばされて許さん発言の彼。)に
「オカーサンにお友達に貰いなさいと言われたからクレ!」と家にやってきて、
「オカーサン、お友達が帰ってくれんと。どうしよう。」と相談してきた息子。
すると「お誕生日に買って貰ったら?」と返した姿にはビックリしました。
成長したなぁー。

娘はいつも意地悪されてます。
そして、どうしてだかいつも幼稚園ではお姉ちゃんと遊ぶ始末。
未満児の時は年長さん、年少の今は年中さん。
きっと合うのがその年代なんだと思います。
複雑。
ずっとマシンガントークなので私も6時になればグッタリです。
(帰宅後、昼寝を2時間程楽しむ娘ですがマシンガンなのです。)
スポンサーサイト

コメント
醤油は辛い味で育ってきているので
甘い醤油は、鹿児島のお寿司でビックリしました。
慣れの問題でしょうか?
甘い中にもランキングがあるんだね!
醤油より味噌の方が地方性でてるよね~!
ほおばみそとか、名古屋周辺の料理も
あの辺の好みだもんね。
田楽とか。

九州フェアでアマ醤油をトライしてみようかと思うよ。
shibacodot 2014.10.25 14:06 | 編集
慣れなんですよね~。
順応性のなくなるまで
その土地で生きているとダメだと感じるのかもですね^^

刺身醤油だと本当に甘目ですからねぇ。
それが鹿児島・・・確かに甘く感じるかもですね!
どうも九州醤油でも鹿児島醤油は別な様です。
お店によって味も違ってて、
私は風味が強いもので
「出汁でも入ってるの?」というものが好きなんです❤
(煮物や卵かけ、納豆なんかに最適です。)

お味噌って本当に地域で全然違いますよね。
絶対こんなのは食べない!って物が少し離れるとありますね。
九州フェア、是非~( *´艸`)
あいdot 2014.10.27 01:05 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top