上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
GW中、丁度陶器祭に行っている時の事。
息子から電話があり、
「おかーさん、メダカ飼っていい?」と安易な考えの電話が。

玄関前に良く置いてある鉢でも買って帰れと言わんばかりの電話に驚き、
引かない息子にムムムと思いつつも、
水草を飼ってみたいという私の少しばかりの気持ちでOKしました。





帰宅は醤油ボトルで何だか可哀想だったので瓶に入れました。

これ3~4リットル位のものなので狭く感じたので、
翌日以前使用していた水槽を夫実家が必要との事で持って行ったのを思い出し電話。

答えは「処分した。」との事。
私が独身時代に買ったものを無断で処分ですとー!?って感じですけどね。
当時は変な形だし、フチ無し水槽だったので高かったのよ!って感じですけど・・・

いいんです。
カルシウムだっけ・・・白くなる線が付いてたから。






インテリア重視は避けてある程度の大きさを購入しました。
当時に比べると安くなってました。
やっぱりフチ有りだと見た目がね、ってなるから数も増えてました。

今回の私は慎重派。
同じ店で砂を仕入れる事はせず、選びました。






リアルブラック(サンド)


キラキラしていて光を反射して綺麗なんだけど、
あと数回水替えするまではお水も綺麗にならないのだろうなと思います。
次は水草。

これはもっと慎重です。
前回は砂を投入して魚が死に、
水草を投入して魚が死に、
生き残った1匹は沼化した水草に耐えられなかったのか、
それとも温度上昇が辛かったのかで死んでしまったのです。
実家は井戸(ボウリング)なのでお水の心配は水質面のみだったけど、
カルキ抜きという良く分からない作業になると無理なんですよね、私。

だから今回こそはと慎重です。
癒しの空間を作れるといいなー、と思います。
スポンサーサイト
2014.05.13 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。