--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
03.30

早く買えば良かった。

Category: ●家族の事
トランポリンを手に入れた。
というのも、別に子供に与える訳でもなく、
ただただ昨年の9月から何となく欲しかったのだが・・・。

「危険」だと思われているトランポリンも、
きちんと使いこなせば物凄く良いものらしい事を知った。
欲しかった時に自宅用という小ぢんまりとしたものがある事を知り、
結構身近なものだという事も知った。

夫が張り出したお腹(そろそろ相撲取る?)に悩み始め、
「ビールをやめたらどう?」 という優しいアタクシの言葉を無視した。
折角なので調べてあげるとトランポリンのワード。
私が欲しかった理由は運動不足と、骨盤矯正、
リンパの流れを良くしたいという事だと分かった。
(確かに思ったな。)

そんなトランポリンをポチッとした事がきっかけで始まったトランポリン熱。
その時に漸く気付いたのは
「子供に与えておけばベッドもソファーも破壊されなかった。」 という、
何とも痛恨の事実。
ベッドは買い替え、ソファーは耐えている所。

配達に来たオジチャンに 「トランポリン来たぁぁ!!」 と言い、
それが外で遊んでいた時だったのでご近所に知れ渡った筈で・・・。
組立はバッチーーーン!となるのでオトナ2人。
慣れるまで物凄く怖いバチン。
「ビニール挟んだ!」 「バネ外れてる!」 とアタフタし、
バチンを3度も味わったのだが、
流石に3度目は慣れた。

その後は取り合い。
やっぱり子供にはトランポリン。
鉄棒も欲しいけれど、そんなの置くスペースはない。
玩具部屋と称されたあの部屋は案外快適なトレーニングルームを兼ねた。
増築なのが玉に瑕だけれど、
減築するより増築をリフォームしたい私と夫の意見は真っ二つ。
多目的でいいじゃないかとも思うけれど・・・どうなんだか。
リフォームは屋根・壁だけなく、
雨どいの問題と断熱改修の問題もある。
私はシアタールームにしてやりたいと思うものの、
別に必要ないんじゃないかという夫の意見と食い違い中。

取り敢えず、トランポリンには最適の部屋だけど。


に子は相変わらずの天然。
お口にご飯をくっつけても分からないらしい。
折角教えてあげてるのにー。





天然で悪気がなければ女の子は可愛い。
ブラタンだからなのか、何なのか。
ブラタンの個性は物凄く、とても魅力的だと思う。
「珍しいカラーが欲しいの。」 という人も居るだろうが、
そうじゃなくとても面白い性格の持ち主。
底抜けに明るくて、純粋。
キャバリアとまた暮らすなら、ホールカラーをまた選ぶと思う。
カラーで選べば間違いなく失敗する性格の持ち主。
(癖がある子が多いと思う。)
私はパーティーカラーと相性が悪いと思っているトコロ。
ベージュ色の毛がどんどん減っていて、
これも子供から大人になっているのかなと思ってしまう。
スポンサーサイト
Comment:2
2016
03.20

結局。

Category: ●子供達の事
世の中連休の様子。
私は引きこもり中なのです♡
ブログを書いて片付けよう。

実父とゴタゴタだったうちの娘。
一番の原因は息子にあった様なので、
「言いつけるのではなく、守るもの。」 という話をした。
円満ではないけれど、ゴタゴタも解決して実家に行った。
注意はいいけれど、やり方にコツがある・・・
難しい娘だけれどあまり手は掛からない。
家族一楽ちんかも知れないな。
朝も準備は一人で出来るし。(制服は出せないけれど。)
外出のトイレも待っていれば完璧に出来るけれど、
トイレットペーパーがおかしな場所にある時は招かれる。
未だにだらしない身だしなみでトイレからピョーンと出てくるのは息子の方。
1年生よりも少しマシになった2年生。
「服で汚れを拭かない拭かないでくれ!」 とは今でも思う。
「だらしないのはカッコワルイよ。」 と言い続けた2年でどれも少しは改善。

何はともあれ家からジジババへ行けて良かった。
お迎えは私一人で往復140km。
田舎だけど、利便性のいい今の家からは殆ど運転してないので結構な距離。
10年前は1日300キロだって平気だったのに、
今は片道260キロを運転するのは夫の仕事。
「家では何も出来ないし、いいやん?」 って言う私。
全然良くないやん。
600キロだって運転できるだろうけど、
大問題なのが運転してると眠くなる事・・・。
限界は150キロなんだと思う。


娘がとうとうスイミングで丸1級離れてスタートした兄に追いた。
幼児クラスと、ジュニアクラスには1級の差があるのだけれど、
その1級は細かく分かれていて15-3からのスタートなので差を埋めるのは難しい。
(3.2.1.0 の級の中で4つクリアしないとならない。)
水泳連盟認定コーチがついていた割に伸びなかった息子さん。
遊び過ぎ、おしゃべり過ぎなんだな・・・やめて欲しいの忠告も全然聞かないけど、
お友達が沢山出来ているのは確かな事。
真面目な娘はお友達になる事が難解な様子。
次回は逃げられるか、娘も一緒に進級するかの状態だけど、
運動神経も学習面もキレキレの娘は何処の遺伝子なのか謎だらけ。
(今度の挑戦は算検10の息子と、かずかたちGの娘。)
息子を見て居ると遺伝させてゴメンと思うけれど、
娘を見て夫と話す事は 「誰の遺伝?」 という疑問の話。
間違いなく血は繋がっているけれど、こういう成長もあるもんなんだと思う。
特別な事も一切してないのになー。
寧ろ経験は少ない方じゃないかと思うけれど・・・。


チチハハは自分たちの為に、トランポリンを導入予定。
チチは腹筋にておケツを負傷。(皮が剥ける軟弱さ。)
Comment:0
2016
03.17

関係性。

Category: ●子供達の事
決まっていたジジババ達と遊びに行く計画。
いつもの様に子供達がジジババ家に行く予定が、
娘の雲行きが悪くなったので中止。

実父は昔気質の頑固で、
中学生位の多感な時期になると
「話したくない!」 タイプだった。
皮肉ってみたり、自分は正しいという昔気質。

先日家に来た時に息子と一緒に娘を弄ったのがきっかけの様子。
弄られる事を嫌う私と似たり寄ったりの性格で、
まさに頑固で我慢の限界まで我慢をする娘が泣いて
「行きたくない。」 と言って来た。

実母は決まった事があるなら我慢しなさい!というタイプで
私は何も言えずに小学校の高学年~高校までで壊れた。
感情が1つ無くなっている気がする。
何処かに抑え込んでいるのだろうと思う。
欠如・・・したのか?
共働きの1人っ子、我慢も多かった。
子供にはそうしたくないと思っているので、
私は外で働いていないし、一人で留守番もさせていない。
反面教師というやつ。
出来る様になったらでいいんじゃないか、位の感じ。
「しなさい!」 ではなく、「そろそろした方が・・・」 位。

幼稚園年中位になると泊りがけを嫌がる傾向になるな~、と思う。
義弟家(兼、実家?)には泊まらせたくないのだけど、
別に 「泊まる!」 とも言わない。
行っても帰るらしい・・・それでいいと思う。(時間配分が酷いから)


実家との関係は悪くはないものの、
一人っ子は全責任を負わなければならないとこの年になると億劫になった。
確かに子供が3人居れば何かしら助かるのか?とも思うし、
1人でも十分という性格ならそれでもいいんだと思う。
極端に落ち込む母(超マイナス思考。)と、
昔気質の父(オラオラ感はだいぶ薄らいだ。)・・・
中間の私は悩んで夫に言えば聞いてはいない。
言いたくない事を2度、3度は当たり前。
昨年から適応障害になっていると思うけれど、
快善したと思ったらまたこれ。
周りに気を使っても、自分に気を使ってくれる人は居ないんだと思う。
疲れる~。


癒しのコとにこ嬢。


koniko


特にに子嬢のバカさ加減には笑ってしまう。

Comment:2
2016
03.14

レモンティーandアップルティー

三井農林 さんの商品、
日東紅茶 レモンティー/アップルティー のお試し♪


レモンティーのレモンピール粉末も、
アップルティーのアップル粉末も、
どちらも国産という親切さのこちら。





2種4袋なので、たっぷり飲める嬉しさ。

「コーヒーもお茶も飲みたくないや。
 甘いココアも、炭酸も別に飲みたくないけど、
 温かい物が飲みたいんだよなぁ。」 という対応品。

ほっこり甘くしたい時はハチミツや粉末黒糖をプラス。
黒糖という微妙な立場だけれど、
そんな立場を優しく包み込んでくれて有難う。
甜菜糖や、きび砂糖もいいと思います。
ここで白いお砂糖を使わないのは
この我儘を聞いてくれなくなる為だからであって、
「甘ったるい紅茶が飲みたいんだよ!」 という人ならばガッツリ白糖を。

・・・ と言うのも、他のレモンティーやアップルティーよりも
若干甘さ控えめでスッパイ感じがした為。
子供もお砂糖プラスで作っているので( *´艸`)

粉末はやっぱりとても便利だなと感じる為、
一家に一袋あると便利だと思い我が家には存在し続けている物。
また無くなったら買いに行こう♪
Comment:0
2016
03.14

年齢と流行りの事とか。

Category: ●ハハ記
Instagram を始めてみた。
きっと10年前ならサラッとやっていただろう事も
最近では 「何、それ?」 が増えた様な気がする。
だけど 「取り敢えずやってみよう。」 姿勢。
きっとお年頃なんだろうと思う。

SNS自体が三日坊主の私も結構楽しめるインスタ。



にこ 「イケメン・・・じゃなかった。」


コさんの関係だったり、
ニさんの関係で繋がれて良かった。
最近ブログでゴブサタでも、
ドチラモヨロシクでも繋がれて良かった。


家ではオラオラのニさんもお外ではオラオラされるのが嫌い。



にこ 「お散歩楽し~。」


首輪が嫌いな事も克服出来るといいけど。
コさんが欠員なのはアンヨの調子がすこぶる悪かった為。
だから首輪の練習もしてみたけれど、
やっぱりイマイチ。
第一、カッコイイチョーカーが付けれないのも残念だから胴輪に賛成!

遠めで見ると黒くてツルンとした生き物で、
アシカが歩いてる様な子だけれど案外毛深くてモッチモチ。
オラオラされてドン引きしてるのに、
サササッと立ち去らない柴っ子の飼い主も如何かと思った。
息子が 「可哀想だからやめて。」 と仲介すると、
柴っ子が グルルルル~と唸っていたので
「近付かない!」 と言ったけれど主は分かってなかった。
後々分かったけど、愛想の超絶悪いオバアだった。
(子、居ないんだろうか? 位の人。)


最近子供達の大嵌り。





マッシュポテトを形成したポテトが苦手の私には苦手なタイプ。
小さい袋のサイズがあるのかは不明だけど、
ちょくちょく見かける事もあるポテトだけど、
これコストコで2k買い。
ジャーマンポークステーキの方が私は好きだってけど、
娘はジャーマンポークステーキの味がとても嫌いらしい・・・。
妊婦期に良く食べてた物は、
その子が好きな物になる可能性がという話は間違っていないと思う。
息子は肉とラーメンとワカメを愛し、
娘はブロッコリーとワカメがお好み。


スノーボードは雪の消滅で 「シーズン最後だね。」 もなく強制終了。
その代わりと言っては何だけど、
ボウリングに只今ゾッコン中のご様子。
娘がボウリング大会(幼稚園での授業の手づくりボウリング)がきっかけで、
「小学校でタダ券を貰って帰るよね。」 から進展した話。
私の久しぶりのスコアは残念だけど、
9ポンド使いの私には破壊力が皆無に等しいと感じた今日。
色々し過ぎてヘトヘトの久しぶりの夫の居た連休。
居ない時は犬の散歩に限るけど、
連休だからとボウリング三昧だったのも人生初。
今日はスコアも伸びたけれど、
やっぱり高校時代みたいにストライクが連発しなかった。
ガーターを連発もしなかったけれど、破壊力の無さがとても残念。
元アマチュアボウラー(クラブ)の父に話すと興味深々。
最近は手の調子が悪いので、これを期に元気になるといいけれど。
大事な事はスパルタではなく、ガーターしないレールをして貰う事かな。
娘はスケートがしたいらしいけれど、これだけはパス。
夫に任せておこう・・・。
Comment:0
2016
03.06

あまおう苺タルト。

ひな祭りといっても過ぎてしまったけれど、
また1年のお節句祝いとして5日に作った苺タルト。

タルトは簡単にも出来るけれど、
あの味気ない感じ、
何とも知れない食感が嫌いで私の嫌いなケーキ堂々1位!
「手づくり。」 と言われると渋々食べて心の中で泣く あの子。
「買って来たよ。」 がタルトだと 「ううう・・・。涙」の あの子。
それ位嫌い。


だけど、





自分が作ったものは好き。
お店のより美味いから。
美味しいタルトのお店なんて行く気がしないので、
中の上のお店で誰かに頂いたタルト以上・・・

と思っている辺りイカレている様な気がするけど。



イチゴは伯父に貰った大量のあまおうLLサイズ。
ここぞとばかりに1パック半の消費量。

実母に 「このクリームなら私も食べれる。」 と言っていたクリームは、
カスタードと生クリームのいいとこどり。
シュクレとダマンドに絶対なのが粉糖とアーモンドプードル。
マーガリン(食べるプラスチック)ではなく、バター。
全卵ではなく、卵黄は卵黄のみ。
(余った卵白は卵焼きに入れたので白い卵焼きになってしまった。
 見た目が宜しくない。)

ガツンと甘みが効いている物が苦手だけど、
「これさ、ケーキ屋さんには無いよね。」 の甘さ控えめも苦手。
甘さが程よくなので味としてはケーキ屋さんだけど、
小さい時にあった甘ったるいケーキでもない中途半端さが好き。
タルトを家で作る辺り驚かれるけれど、
時間がかかるけれど基本冷蔵庫で寝かすタルトは案外簡単。
(材料代は比較的高いと思う。)

18センチ(6号) 8分の1を子供達は食後にペロリ。
タルトは土台よりも飾りがメインで美味しいもんね~。
お店で買ったらビックリ価格よ。

お次はシフォン型とクグロフ型を買って貰おう。
Comment:2
2016
03.04

そろそろ1年経つので・・・の記録。

Category: ●子供達の事
あと2週間程でスイミングを申し込んで1年。
明日はメルちーんの一周忌。
年度末は義父の一周忌。
私はイチゴ狩りに行きたいなと思っている所。

ハジメマシテのスイミング授業1回目が葬儀だった為、
「早速ですが振替を~!!」 と言ってからの1年経つんだと思うと、
片道20分程の送り迎えと、
70分の見学を頑張った事を思い出す。

最近はインフルエンザブームなのか、
「やぁ~めた!」 なのか人口は少な目。
「まあまあ泳げればいいや。子供もやめたいって言ってるし。」 程度なのか、
一体何なのか。
少な目の待合室がここ2週は子供の保育園化している状態で、
注意しないバカ親と婆に腹が立ち、
ドーンと急にぶつかってきてビックリしたり、痛かったり。
勿論、馬鹿親も婆も
「怪我するから気を付けなきゃ。」 程度の保育園の親と婆。
心底 「やめれ。」 と思っているのは私だけじゃないと思う。
子供が怪我しなけりゃ注意もしないのかと、
保育園(ここら辺の)親に憤りを感じてしまう。
のびのび遊ばせたいなら、近くにある公園へどうぞ。
歩いて5分もあれば到着するから。

この頃ピアノも希望の娘なので、
やはりピアノの方が親の質もいいのかと思うし、
同時に会う事も殆どないのかなとも思う。
これなら自宅から徒歩3分。
でも、あれもこれもも無理で自宅を防音工事する事も出来ないので、
思いつきのピアノよりも水着とゴーグルとタオルで済むプールにして貰おう。
プールは推薦状無くしては大会にも出なくていいし。
(楽を選ぶ事が可能。)


泳ぎはというと、兄妹紙一重で兄が上。
兄に溺れさせられた経験から最初は水が顔にかかるのが苦手だった娘。
これを克服し、割とすぐに顔つけが鹿野時になった。
未就学年コースと小学校コースは1級丸ごと違うけれど、
猛スピードで追いあげた感じでもあるけれど、
経験値からして兄が上なのも確かで今はギリギリ0.5の差で逃げきり中。
ビート版はやっぱり苦手らしいけれど。
(ビート版で超低速になる。)

最初は 「イカだな。」 と思った兄も板なしキックまで上達。
妹は、板キック。
逆が上手い逆子っ子達なので、
案外上を向いた泳ぎの方が得意そうな感じ。
どっちにしても小2平均までに追いつけなかった息子と、
年中平均を既に追い越して暴走中の娘。
でも上手な子は未就学で1級なんだとか・・・凄いな。
メドレーでいいタイムが出ないとなれない1級だから。


人が居る場所は騒がない、暴れない。
ぶつかってしまったら謝る。
おバカも多いもので曜日を変えたいなと思い中。
変えたら変えたでママ友が騒いでる曜日もあるし・・・複雑。
Comment:2
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。