--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016
12.19

キッチンの一角。

Category:  *植物たち
ラベンダーをおよそ半分だけ剪定しました。
12月だというのに・・・という気候なので、
ここは1月の方がいいのだろうかとも思ったけれど
「元気いっぱいのラベンダーなの( ˘ω˘ )」 とも言い切れません。
残念だけども。
やっぱり伸び過ぎると株に負担が掛かり過ぎるのかな。
(それに邪魔だし!)


エアープランツが何故か育たない我が家。

夫 「風呂に緑が欲しいんだ!!」

と意味不明の夫にエアープランツ。
風呂だと湿気の関係で水分過多になってしまうのか
徐々に枯れ始める有様。
大抵のお家絡みのカタログには緑があるもんね。
脱衣所なんかにも緑、
洗面台にも緑、
緑って無機質にならないからいいんだろうね。

キッチンに夏に増殖させたあの子がいます。
(ネットショップではチビッコでもとっても高い!)
でも、でーーーっかいエアープランツを育てたいので





チランジアを仲間に加えました。
エアープランツって3種類位しかなさそうだけど、
案外種類も多い事に気付いてしまったけれど、
100円ショップだと100円だし、
ホームセンターなら同じ大きさでいい値段で売ってます。
人気が微妙なお店だと結構大き目に育っているので、
ホームセンターなら500円以上であろうチランジアだって108円でした。


ディスキディア/ハートジュエリー はやっぱりあれっきり売ってるところを見かけない。
増やし方は簡単だし、
うちの物凄い価格で売れそうな位伸びてる、生えてるので増殖可能。
ハートネックレスとか、ホヤなんかがやっぱり主流だけれども、
ディスキディアはやっぱりプックリしてない分シャープで
可愛いというよりもオシャレという感じでなかなか好きなんだけどな。
勝手に動いている様で時々絡まってるので取ってます。

「これ何ですか?」 と聞かれた事もなく、
本物か偽物かもイマイチ分からない植物だけれど・・・
徐々には伸びてるとは思います。
成長が遅い方ではあるのかな~と。
多分、義母に 「これ偽物?」 と聞かれた事があったので、
まさかの本物!?という感覚なのかな。


ミモザは微妙な感じだけれど、
(カイガラムシスプレーが何故か効かない)
オリーブとユーカリは元気いっぱい。
ユーカリに関してはやっぱりあの種類は強いので完全に目隠しになりました。
種類が沢山あるけれど、やっぱりあれっきり見かけない種類。
オリーブは何の種類なのか知りません。

レモンにはこの季節に花が・・・
外に放り出して軒下にいるのだけれど元気です。
そして3本のブルーベリーは紅葉はしたものの禿げていません・・・。
スポンサーサイト
Comment:2
2016
11.14

ワタシとテラチーノ。~珈琲之木~

Category:  *植物たち
テラチーノが好きです。

テラチーノはイタリアの素焼き鉢。
日本の素焼き鉢と違うのは色とバリエーション。
日本の素焼き鉢は丸くて、
植木の底にはナメクジでーのイメージの私。
結局は何でもいいやんって思うかもしれないけど
テラチーノという刻印を見るだけで嬉しい。
ウチの鉢が殆どテラチーノという変態っぷり。







テラチーノの白。
あの明るめの素焼き鉢に白塗装で、つるんとしてます。
屋外が素焼きなら、室内は塗装?

だけど やはり素焼き。
ガッツリ傷が入りそうな感じ。
おいてるだけで傷っていうのも・・・ね。





ダイソーでこちらを買いました。
家具に貼るフェルトシール。
ある家具屋さんで買った物にはすべてフェルトシールでカバーしてあります。
傷が入るからと渡される場合もあれば、
貼ってくれる場合もあるので同じ運送会社でも人によるのです。
我が家出入り禁止の運送会社だけど。笑





思ったよりも大き目サイズだったかなとは思いますが、
これでも問題はないと思います。
テラチーノの裏は、やっぱりテラチーノ。





鉢の大きさを見ながら4個以上で増やす感じかなと思います。

これは4個でがたつきが出たけれど、
6個で収まりました。





植え替えたかったものは珈琲の木。
100円位から3本以上立ちで売られているので、
根が完全に絡む前に1本立ちに仕立てました。
4本位枯れてしまったのですが、






結局、ちょっと小さかったみたいです。
だってね1号サイズアップで500円違ったから迷ったんだもん(。-`ω-)


テラチーノ、お取り寄せで買うと結構お高めです。
取扱店(ホームセンター)があると、そちらがやっぱりお安いな~と感じますが、
よく見ないと輸入品なので割れやカケもあるし、
陶器まつりと同じで同じ焼き物でも少し表情が違うのです。



この上に敷いてあるウッドチップ、
同じくウンベラータの鉢にもつかってあるのでに子が食べます。
Comment:0
2016
10.13

ラベンダーの強剪定。

Category:  *植物たち
うちのラベンダーは伸び放題。
蒸れもせず良くぞここまで伸びてくれました。


なのですが、伸び過ぎて下につく勢いだったのです。
お隣は迷惑な事に木をギリギリに地植えした上、
人の家の雨どいを詰まらせる様なタイプ。
切った木をうちに勝手に侵入して枝を拾っている様子。
ここは 「すみません。お隣の○○です。」 ときて
「いつも迷惑を掛けてすみません。
 木を切ったので庭に入って拾わせて下さい。」 が一般常識かな。
微塵もないけど。
正しくは剪定前日にお願いするのが正しい!
だからこそ、隣には入らない様にしてるの。
ギリギリ植えて (。-`ω-)
勿論地植えじゃないけどね!!
戸建だからといって常識人か、というとノーーーー。
ねぇねぇ、常識取り戻そうよ。 ねぇ。





ラベンダーは意外と種類が多くて、
大きく分けたスタンダードな物が売られている感じです。
ホームセンターで買えるのは大体どこも同じ種類です。

大型・中型・小型 には分けられるので、
よく見て買わないと凄い事になるか、
大抵その前に亡き植物となると思います。
(日向・風通し・水切れ注意・蒸れ注意)

大型種は5年以上はうまく育てれば生きます。
ハムスターよりも長生きというわけですが、
2~3年目で剪定をしない大型のラベンダーはダメになる可能性が大きいのです。
剪定も種類によって時期が違って、
花が咲いた時と違う強剪定が待っています。
(バラと同じです。)





あまりにボサボサで風通しも良くないので切った感じですが、
邪魔な部分と、風通し部分を切って終了させました。
去年は種類を間違えて9月に剪定したので花も多くなかったのが残念。
だけど、ラベンダーと煉瓦と塗り壁の家は私の中では最強の組み合わせ。
フランスで露地植えされているのを何かで見て以来
「こんな風にしたいなぁ~。」 と思ってたの。





この季節でも新芽が出て居るのでそれを目安に1株の3分の2を強剪定にし、
日当りと風通しを確保しました。
残りの株は地面にくっつきそうな部分だけ切りました。
どうも株自体に負担をかけていたので耐えかねて。

木のあるオウチはやっぱりカッコイイ。
無い家を見て居るだけに家に戻るとほっとします。
12月に強剪定、
ラベンダーは選定に時間がかかる割には全然苦にならない植物。
香りがダメだと植えない方がいい植物だと思います。

他よりも1年先輩の今回散切りにされたラベンダーは、
幹の根本付近にありが巣を作っていました。
木質化するとはいえ、こんな状態になっていたのはビックリです。
アリは害虫ではないと言えど、幹を荒らされるとなると害虫です。
小さな百足の方がずっと何もしない生き物だなと感じさせられました。
ダンゴムシもコンクリートを食べるので、我が家指定の害虫です。


大量発生のカイガラムシがついたミモザについては何れ書けたらなと思います。
Comment:0
2016
07.12

トマト屋さんと茄子屋さん。

Category:  *植物たち
野菜のピークです。
即ち、虫が寄り放題です。
トマトを荒らすのはテントウムシっぽい一族。
だけど、テントウムシダマシという名の害虫。
(正式名称、ニジュウヤナンチャラテントウ諸君。)
虫より葉や実を好む大食漢。
ミモザにはでっかい、白いカイガラムシが居ます。
今年は尺取虫が少ないけど、これからかな。



7/09(土)


ズッキーニのバンビーノが育ちました。
花も食べられるそうだけど…私は無理。
普段見かける物より小さいですし、
味は同じだけどネチッとした感じ。
茄子屋さんになれそうな感じ。


昨日は一昨日収穫しなかった分わんさか。






モリモリ取れました!
ほぼトマト。
マリネにしちゃおうか、
カレーに入れちゃおうかの域。
トマト屋さんだって出来る!!

苗字+トマトと名付けましたが、
ブランドに出来そうな甘さで味は濃い目。
トマト好きの息子絶賛品です。
塩トマトより濃厚で甘いって凄い!

毎年失敗知らずのトマトだけど、
茄子が立派になったのは今年初めてだったりします。
割れるトマトは梅雨がしっかり停滞しているので仕方がないのかな。
大丈夫な割れの場合は食べますが、
駄目な場合は裏にポイポイ・・・と。
捨てた場所からは発芽するのですけどね。
2年間位の間のトマトが好む季節に( ˘•ω•˘ )

コーヒー豆を混ぜ込んで1年寝かせた土を使いました。
そのお陰かな?
案外「肥料になるよ!」 と聞きますが、そのままじゃ駄目な様です。
現に土がとても硬くなってお水が浸透しなくなってしまいますし、
カビも温床になってしまいますし。
だから1年混ぜ込んで発酵させました。
1年前の私のコーヒーの飲みカス❤
Comment:0
2016
07.01

クリーミー揚げ茄子。

Category:  *植物たち
うちにある、クリーミー揚げ茄子(サントリー)の苗と、
とろとろ炒め茄子(サントリー)の苗の種類が分かりました。
息子の持っている図鑑を娘が見て居て
「オカーサン なすびも色んな種類があるね。
 この緑のが白なすでしょ~?」 と見たらあった。

賀茂ナスと巾着ナスだそうで。
丸いけど大きくないから何だろうと思ってたのだけどね。





初収穫の巾着ナス。
私は賀茂ナスは苦手でした。
茄子という主張がし過ぎていて・・・
茄子嫌いには嫌いな食べ物だろうと思います。
茄子初心者には58円で売ってる様な苗が一番です!
可愛い丸っこいフォルムなんだけど、
「あー中身は加茂茄子なんだろうな。」 と思うとこの子達はどうなってしまうのだろうね。
きっと私に揚げられるのだろうけど。
ゼブラなのはゼブラ茄子ではなくて日光の関係かなと思います。

Comment:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。